刑事法研連 第18期

1 組織 

 刑事法学研連は、会長が指名した会員及び会長が登録学術研究団体である日本刑法学会及び日本犯罪社会学会から委嘱した委員をもって構成するものとされている。

 第18期の構成員は、次のとおりである。

(1)役職者
委員長 川端 博(明治大学教授・第2部会員・刑法学会)
幹事  岩井宜子(専修大学教授・第2部会員・犯罪社会学会)
幹事  新倉 修(青山学院大学教授・刑法学会)

(2)委員(五十音順)
石塚伸一 (龍谷大学教授・犯罪社会学会)
酒巻 匡 (上智大学教授・刑法学会)
佐久間修 (大阪大学教授・刑法学会)
白取祐司 (北海道大学教授・刑法学会)
山口 厚 (東京大学教授・刑法学会)

2 活動

(1)定例の活動
科学研究費補助金審査委員の推薦
国際会議参加者の推薦
研究連絡事項の審議
 2002年10月・刑事司法資料の保存と公開の学術的意義
(2)特別活動
シンポジウムの開催
 2002年5月・被害者をめぐる今日的課題

↑↑トップ
↑ 関係学術情報
↑ 旧刑事法研連