第86回大会


 日本刑法学会第86回大会を、神戸国際会議場(〒650-0046 神戸市中央区港島中町 6-9-1 :アクセスはこちら)において、下記の通り開催いたします。

 2008年4月1日
日本刑法学会  



【第1日】2007年5月17日(土)
受付開始 (8:40〜) メインホール入口(1階)

総会 (9:40−10:00) メインホール

研究報告 (10:00−12:15) メインホール
「公共危険犯の現代的意義」 信州大学 星 周一郎
「公訴事実の単一性について」 近畿大学 辻本典央
「因果主義の限界と客観的帰属論の意義」 立命館大学 安達光治


昼食 (12:15−13:30) レセプションホール、502会議室

共同研究 (13:30−17:00)
 分科会T 「自由と安全と刑法」 メインホール
「企画の趣旨・・・総論を兼ねて」 (司会) 立命館大学 生田勝義
「身近な生活における『自由と安全と刑法』−実践の中で考えたこと−」 前警察庁生活安全局長 竹花 豊
「組織犯罪対策に見る『自由と安全と刑法』−共謀罪立法問題を含む−」 立命館大学 松宮孝明
「薬物中毒事犯対策に見る『自由と安全と刑法』−最近のリスク論についての検討を含む−」 龍谷大学 金 尚均


 分科会U 「裁判員制度実施に向けた課題と展望」国際会議室
(司会) 北海道大学 白取祐司
「問題提起:裁判員制度実施を前にした諸課題−裁判員裁判、公判前整理手続、司法改革−」 甲南大学 渡辺 修
「連日的開廷、被害者参加と公判活性化の条件」 九州大学 田淵浩二
「裁判員制度:法と心理学からの寄与」 北海道大学 仲真紀子
「裁判員制度・刑事弁護・事実認定」 弁護士 四宮 啓


 分科会V 「刑務所への民間参入の意義と課題−PFI刑務所をめぐって」 501会議室
「企画の趣旨」 (司会) 九州大学 土井政和
「PFI手法による刑務所構想について−国民に理解され、支えられる刑務所の実現を目指して−」 法務省矯正局 吉野 智
「美祢社会復帰促進センター運営の現状と課題」 美祢社会復帰促進センター 中島 学
「島根あさひ社会復帰促進センターの社会復帰促進策について」 大林組 歌代 正
「刑務所民営化の比較法的検討−英米豪独仏を対象として−」 神戸学院大学 山口直也
「日本版PFI刑務所をめぐる素朴な問い」 龍谷大学 赤池一将


懇親会 (17:30−19:30) ポートピアホテル 本館地下1階「偕楽」

【第2日】5月18日(日)
研究報告 (9:00−12:00) メインホール
「作為犯に対して介在する不作為犯」 関西学院大学 松尾誠紀
「共同正犯と幇助犯−承継的共犯を素材として−」 岡山大学 照沼亮介
「対質権と強制手続請求権を貫く基本理念」 三重大学 伊藤 睦
「共犯者による捜査・訴追協力と減免的措置の付与」 東北大学 井上和治


昼食 (12:00−13:00) レセプションホール、502会議室

講演 (13:00−13:45) メインホール
「韓国における刑事司法の改革」
ソウル大学校法科大学 申 東雲 氏
(通訳:韓国・国立警察大学 李 東熹 氏)


総会 (13:45−14:00) メインホール

ワークショップ (14:00−17:00) 国際会議場内各会議室
緊急避難(緊急行為)の現代的諸問題関西大学川口浩一
不可罰的(共罰的)事後行為神戸大学上嶌一高
集合住宅の共用部分への立入りと住居侵入罪国士館大学関 哲夫
交通事犯の厳罰化一橋大学本庄 武
被疑者国選弁護と司法支援センター南山大学岡田悦典
検死と法医鑑定龍谷大学福島 至
未決拘禁の課題と展望九州大学豊崎七絵
刑事施設・留置施設視察委員会の理念と活動弁護士前野育三
高齢者犯罪龍谷大学浜井浩一
102007年少年法改正問題九州大学武内謙治
11国際刑事法青山学院大学新倉 修



↑↑↑トップ
↑↑ お知らせ
↑  大会