第89回大会


 日本刑法学会第89回大会を、法政大学多摩キャンパス(〒194-0298 東京都町田市相原町4342)において、下記の通り開催いたします。
キャンパス案内はこちら  : アクセス案内はこちら


 2011年4月11日
日本刑法学会  



【第1日】 2011年5月28日(土)


受付開始 (9:10〜) 多摩キャンパス2号館1Fエントランス

総会 (10:10−10:30) 多摩キャンパス2号館(大教室A棟)大教室


 研究報告 (10:30−12:45)   多摩キャンパス2号館(大教室A棟)大教室

「被害者の承諾における三元説の意義」熊本大学佐藤 陽子
「対物的処分における権利・利益の帰属と強制処分性
                 −権利・利益の共有と保護範囲」
北海道大学緑 大輔
「少年の刑事責任能力」富山大学 渡邊 一弘



昼食 (12:45−14:00)  注意:大学周辺に飲食店はありません。弁当(要事前申込)で。生協食堂は食事場所としては利用できますが、営業していません。


共同研究 (14:00−17:30)

 分科会T 「責任能力判断の現代的課題」   7号館301教室
 (司会) 慶應義塾大学 伊東 研祐
「責任能力判断の在り方」東京地方裁判所三好 幹夫
「責任能力判断の現代的課題」 最高検察庁村中 孝一
「刑法理論学の立場から」京都大学 安田 拓人
「責任能力判断と医療処遇」筑波大学中谷 陽二


 分科会U 「裁判員事件の審理方法」   7号館201教室
 (司会) 一橋大学 後藤 昭
「裁判員事件の審理法法に関する実務上の諸問題」大阪地方裁判所杉田 宗久
「公判前整理手続と公判審理の関係」 一橋大学後藤  昭
「伝聞法則の運用」大阪大学松田 岳士
「裁判員制度と分かりやすい審理」名城大学加藤 克佳



 分科会V 「社会内処遇の現代的課題」   7号館202教室
 (司会) 法政大学 今井 猛嘉
「刑の一部の執行猶予制度を導入するとともに保護観察の
特別遵守事項の類型に社会貢献活動を加える法整備を内
容とする法制審議会の答申について」
法務省田野尻 猛
「家庭裁判所における社会奉仕活動について」最高裁判所馬渡 直史
「刑の一部執行猶予と社会貢献活動
     −犯罪者の改善更生と再犯防止の視点から−」
慶應義塾大学太田 達也



  懇親会  開催致しません。



【第2日】2011年5月29日(日)


 研究報告 (10:00−13:00)  多摩キャンパス2号館(大教室A棟)大教室

「企業活動による人身被害と刑事責任」大宮法科大学院大学上田 正和
「刑法43条ただし書における『中止した』の解釈について」 桐蔭横浜大学原口 伸夫
「刑法適用の場所的・時間的限界」姫路獨協大学渡邊 卓也
「信頼の原則とその機能的再評価」大阪大学重井 輝忠



昼食 (13:00−14:00)  注意:大学周辺に飲食店はありません。生協閉店。弁当(要事前申込)で。


中止
 講 演 (14:00−14:45)   2号館(大教室A棟)大教室

          「責任刑法の将来 責任刑法と神経科学」    
フライブルク大学 ヴォルフガング・フリッシュ 氏       

 (通訳 筑波大学 岡上 雅美 氏)      

 総 会 (14:45−15:00)(14:00−14:15)   2号館(大教室A棟)大教室

 ワークショップ  (15:00−18:00)(14:15−17:15)    社会学部棟・現代福祉学部棟各教室

1.過失の競合(神戸大学 大塚 裕史 氏)
2.過剰防衛−一連の行為の違法評価について−(神戸大学 小田 直樹 氏)
3.共謀共同正犯の現在(早稲田大学 松原 芳博 氏)
4.財産犯における民事との交錯(法政大学 須藤 純正 氏)
5.自白の任意性審理(東京大学 大澤 裕 氏)
6.裁判員制度のもとでの控訴審のあり方(大阪市立大学三島 聡 氏)
7.公訴時効(九州大学 田淵 浩二 氏)
8.裁判員裁判における量刑(北海道大学 城下 裕二 氏)
9.少年事件の裁判員裁判(一橋大学 葛野 尋之 氏)
10.心神喪失者等医療観察法の運用状況と課題(立教大学廣瀬 健二 氏)
11.法科大学院における刑事法教育(首都大学東京 笠井 治 氏)
12.受刑者移送条約の問題点(中京大学愛知 正博 氏)



↑↑↑トップ
↑↑ お知らせ
↑  大会