第92回大会


 日本刑法学会第92回大会を、同志社大学今出川キャンパス・室町キャンパス(〒602-8580 京都府京都市上京区今出川烏丸東入)において、下記の通り開催いたします。

今出川キャンパス案内はこちら  : 今出川キャンパスアクセス案内はこちら

室町キャンパス案内はこちら  : 室町キャンパスアクセス案内はこちら

開催通知(PDF版)のダウンロードはこちら

 2014年4月1日
日本刑法学会  



【第1日】 2014年5月17日(土)


受付開始 (8:30〜) 寒梅館ハーディーホール前ロビー(地下1階)

総会 (9:30−9:50) 寒梅館ハーディーホール


 研究報告 (9:50−12:20)   寒梅館ハーディーホール

「択一的故意と重畳的故意の錯誤」獨協大学関根  徹
「被害者参加制度について」 専修大学滝沢  誠
「相当因果関係説の再生」 神奈川大学加藤 正明



昼食 (12:20−13:30) 良心館地下1・地下2教室


共同研究 (13:30−17:00)

 分科会T 「財産犯の理論と課題」 寒梅館ハーディーホール
「財産犯の理論と課題――分科会の趣旨」(司会) 神戸大学 上嶌 一高
「詐欺罪の保護領域について――近年の判例を素材にして」東北大学成瀬 幸典
「窃盗罪における『窃取』の意義について」 東京大学橋爪  隆
「預金をめぐる財産犯と権利行使」早稲田大学 杉本 一敏
「3報告の検討――実務の観点から」神戸地方裁判所宮崎 英一


 分科会U 「裁判員裁判と控訴審の在り方」 良心館107教室
「分科会の趣旨」(司会) 京都大学 酒巻  匡
「裁判員裁判と控訴審の役割」一橋大学後藤  昭
「裁判員裁判と控訴審の役割――実務家の視点から」 東京高等裁判所大島 隆明
「裁判員裁判と控訴審審査の在り方――課題と展望」京都大学酒巻  匡



 分科会V 「犯罪予防政策の総合的検討」 良心館104教室
「犯罪予防論の現代的意義」(司会) 拓殖大学 守山  正
「日本における環境設計を通した犯罪予防(CPTED)
の適用と展開」
明治大学山本 俊哉
「政府『行動計画』による犯罪対策の実施と課題」 東京都青少年・治安対策本部河合  潔
「事前予防と秩序違反行為の法的規制」首都大学東京星 周一郎



  懇親会  (17:30−19:00)  京都ブライトンホテル慶祥雲の間



【第2日】2014年5月18日(日)


 研究報告 (9:30−12:00)   寒梅館ハーディーホール
「目的犯における目的の内容」名城大学伊藤 亮吉
「少年手続における付添人選任とその制度的保障」 九州大学武内 謙治
「自救行為と刑法における財産権の保護 立命館大学大下 英希



昼食 (12:00−13:00) 良心館地下1・地下2教室


 講 演 (13:00−13:45)    寒梅館ハーディーホール

          「中国における刑罰制度改革をめぐる最近の動向」    
清華大学 張  明楷 氏       

 (通訳 成蹊大学 金  光旭 氏)      

 総 会 (13:45−14:00)    寒梅館ハーディーホール

 ワークショップ (14:15−17:00)

1.故意と責任能力(京都大学 安田 拓人 氏)
2.法益関係的錯誤説の再検討――被害者の同意と客観的帰属(甲南大学 森永 真綱 氏)
3.結果的加重犯の諸問題
――故意犯に伴って生じた故意なき死傷結果の帰属を中心として
(岩手大学 内田  浩 氏)
4.児童ポルノの刑事規制(筑波大学 渡邊 卓也 氏)
5.監視捜査とその法的規律(慶応義塾大学 笹倉 宏紀 氏)
6.取調べの録音・録画の法制化をめぐる諸問題(大阪市立大学 三島  聡 氏)
7.刑事手続とDNA情報(獨協大学 徳永  光 氏)
8.執行猶予(慶応義塾大学 小池信太郎 氏)
9.刑務所医療(一橋大学 本庄  武 氏)
10.薬物犯罪――薬物常用者の処遇と有責性(北海学園大学 飯野 海彦 氏)
11.外国にある証拠の収集(大阪大学 松田 岳士 氏)



↑↑↑トップ
↑↑ お知らせ
↑  大会