第94回大会


 日本刑法学会第94回大会を、名古屋大学東山キャンパス(〒464-8601 愛知県名古屋市千種区不老町)において、下記の通り開催いたします。

東山キャンパスへのアクセスはこちら   校舎配置図

 2016年4月1日
日本刑法学会  



【第1日】 2016年5月21日(土)


 受付開始 (8:30〜) 豊田講堂入口ロビー(1階)

 総会 (9:30−9:50) 豊田講堂ホール


 研究報告 (9:50−12:50)   豊田講堂ホール

「責任能力制度の理解と事前責任論」桐蔭横浜大学箭野章五郎
「身分犯における正犯と共犯」 香川大学佐川友佳子
「個人情報の刑法的保護の可能性と限界について」 上智大学佐藤 結美
「秘匿捜査の規律の構造について――適法捜査担保型理論の提唱――」 信州大学丸橋 昌太郎



 昼食 (12:50−14:10)  法経共用館経済学部第1・第2講義室


 共同研究 (14:10−17:40)

  分科会T 「『作為義務』の各論的検討」  豊田講堂ホール
「『作為義務』の各論的検討――分科会の趣旨――」(司会) 京都大学 塩見  淳
「過失犯における注意義務と『作為義務』」立教大学小林憲太郎
「詐欺罪における告知義務と『作為義務』」 上智大学伊藤  渉
「身分犯と『作為義務』」同志社大学 十河 太朗
「真正不作為犯における『作為義務』」関西学院大学松尾 誠紀


  分科会U 「新時代の刑事司法制度の課題」  法経共用館カンファレンスホール
「『新時代の刑事司法制度の課題』の趣旨」(司会) 東京大学 川出 敏裕
「刑事訴訟法等の一部を改正する法律案について」法務省刑事局保坂 和人
「新時代の刑事司法と刑事弁護の在り方」 弁護士秋田 真志
「『新時代の刑事司法制度』構築に向けた刑訴法等改正法――その意義と課題――」東京大学大澤  裕



  分科会V 「少年刑事事件の現状と課題」  法経共用館法学部第3講義室
「『少年刑事事件の現状と課題』の趣旨」(司会) 南山大学 丸山 雅夫
「少年刑事裁判」広島大学吉中 信人
「少年刑事裁判における少年法55条移送判断のあり方
――少年法20条との関係の再検討――」
立命館大学山口 直也
「少年に対する量刑」一橋大学本庄  武
「少年受刑者の処遇について」 東京矯正管区松田  治



 懇親会  (18:15−19:45)  名古屋大学消費生活協同組合 南部食堂1・2階(東山キャンパス内)



【第2日】2016年5月22日(日)


 研究報告 (9:30−11:45)   豊田講堂ホール
「詐欺罪の保護法益と欺罔概念の再構成」成城大学足立 友子
「公共危険犯としての放火罪」 法政大学佐藤 輝幸
「時の経過による証拠の散逸について」 岡山大学原田 和往



 昼食 (11:45−13:15) 法経共用館経済学部第1・第2講義室
 講 演 (13:15−14:00)    豊田講堂ホール

          「刑法をつくる共同のアクターとしての学説と実務」    
フランクフルト大学 Ulfrid Neumann 氏       

 (通訳 中央大学 井田 良 氏)      


 総 会 (14:00−14:15)    豊田講堂ホール

 ワークショップ (14:35−17:20)    全学教育棟A館各教室

1.「一連の行為」論(東北大学 成瀬 幸典 氏)
2.狭義の共犯論(中央大学 曲田  統 氏)
3.財産的『利益』の刑法的保護(上智大学 照沼 亮介 氏)
4.性犯罪処罰の在り方(東京大学 樋口 亮介 氏)
5.治療中止の刑法的構成と患者の意思(東洋大学 武藤 眞朗 氏)
6.再審と手続(九州大学 豊崎 七絵 氏)
7.令状によらない捜索(神戸大学 池田 公博 氏)
8.裁判員裁判における量刑(大阪市立大学 三島  聡 氏)
9.少年法の適用年齢(立命館大学 山口 直也 氏)
10.起訴猶予と再犯防止措置(慶應義塾大学 太田 達也 氏)
11.国際刑事法と国内法の関係(京都大学 高山佳奈子 氏)



↑↑↑トップ
↑↑ お知らせ
↑  大会