第95回大会


 日本刑法学会第95回大会を、慶應義塾大学三田キャンパス(〒108-8345 東京都港区三田2-15-45)において、下記の通り開催いたします。

会場へのアクセス・キャンパスマップはこちら  三田キャンパス

 2017年4月1日
日本刑法学会  

※ プログラムの一部に脱落がありましたので、修正しました。ご迷惑をおかけしましたことをお詫びします。(2017年4月11日)
※ プログラムの一部に誤字がありましたので、修正しました。ご迷惑をおかけしましたことをお詫びします。(2017年4月12日)




【第1日】 2017年5月20日(土)


 受付開始 (8:40〜) 西校舎ホール前(西校舎1階)

 総会 (9:30−9:45) 西校舎ホール


 研究報告 (9:45−12:45)   西校舎ホール

「規範論に基づく幇助犯処罰の根拠と限界」大東文化大学小島 秀夫
「財産犯における客体と損害概念」 早稲田大学田山 聡美
「刑罰論の現代的課題」 東京経済大学中村 悠人
「文書の保護と自己負罪拒否特権」 中央大学安井 哲章



 昼食 (12:45−14:00)  西校舎517教室・519教室


 共同研究 (14:00−17:30)

  分科会T 「被害者の意思・関与と刑法解釈」  南校舎ホール
「企画の趣旨」(司会) 東京大学 橋爪  隆
「被害者を利用した間接正犯」関西学院大学豊田 兼彦
「性犯罪における被害者の意思・関与」北海道大学佐藤 陽子
「住居侵入罪における被害者の意思・関与」 慶應義塾大学和田 俊憲
「財産犯における被害者の意思」明治大学 内田 幸隆


  分科会U 「裁判員裁判における審理及び評議の在り方」  西校舎528教室
「『裁判員裁判における審理及び評議の在り方』の趣旨」(司会) 神戸大学 宇藤  崇
「裁判員裁判における審理及び評議の在り方」大阪地方裁判所遠藤 邦彦
「犯罪事実の認定に関する審理及び評議の在り方」 慶應義塾大学佐藤 隆之
「量刑に関する審理及び評議の在り方について」神戸大学宇藤  崇



  分科会V 「自由刑の現代的課題」  西校舎527教室
「共同研究の趣旨」(司会) 同志社大学 川本 哲郎
「統計データから見た自由刑の現状と課題」愛知大学小島  透
「矯正処遇の意義と現状」 法務省富山  聡
「自由刑の単一化」東京大学川出 敏裕



 懇親会  (17:45−19:45)  生協食堂ホール(三田キャンパス内)



【第2日】2017年5月21日(日)


 研究報告 (9:30−12:30)   西校舎ホール
「不真正不作為犯における構成要件的同価値性の要件」名城大学萩野 貴史
「緊急避難論の再検討」 早稲田大学遠藤 聡太
「刑事司法における薬物依存治療プログラムの意義 〜 回復する権利と義務 〜 」 立正大学丸山 泰弘
「裁判所における直接的侮辱行為に対する制裁と公正な裁判」 香川大学吉井  匡



 昼食 (12:30−13:40) 西校舎517教室・519教室

 総 会 (13:40−13:55)    西校舎ホール

 ワークショップ (14:00−17:00)    南校舎・各教室

1.刑罰論の現代的意義(中央大学 高橋 直哉 氏)
2.未遂犯(慶應義塾大学 佐藤 拓磨 氏)
3.強盗罪の諸問題(神戸大学 嶋矢 貴之 氏)
4.自動車運転死傷行為等処罰法(早稲田大学 杉本 一敏 氏)
5.刑事免責(南山大学 榎本 雅記 氏)
6.捜査における検証の諸問題(一橋大学 緑  大輔 氏)
7.公判前整理手続(南山大学 岡田 悦典 氏)
8.弁護人の接見交通権(愛知学院大学 石田 倫識 氏)
9.死刑(関西大学 永田 憲史 氏)
10.罪を犯した発達障がい者に対する刑事政策的対応(中京大学 緒方あゆみ 氏)
11.刑事政策研究の将来と研究者の養成(獨協大学 安部 哲夫氏)



↑↑↑トップ
↑↑ お知らせ
↑  大会