関西部会

 日本刑法学会関西部会平成30年度夏期例会のお知らせ


  日本刑法学会関西部会夏期例会を、下記の要領で開催致しますので、ご参加下さいますようご案内申し上げます。

  ※ 開催通知をハガキから電子メールにご変更いただける方は、日本刑法学会関西部会事務局(kansaibukai@outlook.jp)にお知らせくださいますと幸いです。


日時2018(平成30)年7月29日(日) 10:00~17:30
場所摂南⼤学 寝屋川キャンパス 12号館3階 1232 教室
交通:
京阪本線 寝屋川市駅下⾞ ⻄⼝3のりばからバス約15分
JR 京都線 茨⽊駅下⾞ 東⼝1のりばからバス約30分
阪急京都線 茨⽊市駅下⾞ 南⼝のりばからバス約30分
「摂南⼤学」で下⾞ 正⾨⼊ってすぐ右⼿の建物です。

 寝屋川キャンパスマップ

※⼤学近辺のお店に限りがありますので、昼⾷をご⽤意頂ければ幸いです。

プログラム:
個別報告:

「不真正不作為犯における作為義務の根拠論−諸要素の位置づけの再検討−」 奥⽥菜津⽒(同志社⼤)
「中⽴的⾏為による幇助犯の成⽴と可罰性」⾦ジャンディ⽒(⼤阪⼤)

共同研究:

「冤罪救済の現状と課題」
笹倉⾹奈⽒(甲南⼤)
秋⽥真志⽒(⼤阪弁護⼠会)
⽯⽥倫識⽒(愛知学院⼤)
鴨志⽥祐美⽒(⿅児島弁護⼠会)
斎藤司⽒(⿓⾕⼤)






↑↑↑トップ
↑↑ お知らせ
↑  部会
↓  過去の記録